PR

 2019年は、「折り畳みスマホ元年」と言われる。世界のスマートフォン市場シェア1位の韓国サムスン電子(Samsung Electronics)と同2位の中国ファーウェイ(華為技術)が相次いで、折り畳みスマホを2019年に発売することを宣言したからだ(市場シェアは2019年第1四半期。米IDCの調査による)。

 米国サンノゼで開催されているディスプレー分野最大の学会「SID」の展示会では、今や世界のディスプレー生産基地となった中国のメーカーが、折り畳みスマホへの採用を目指したフォルダブル有機ELパネルを競うように展示した(図1)。フォルダブルは「折り畳める」という意味である。

 世界最大の液晶パネルメーカーの京東方科技集団(BOE Technology Group)、スマホ向け高精細LTPS液晶パネルでシェア1位の天馬微電子(Tianma Micro-electronics)、有機EL専業のビジョノックス(Visinox)、老舗家電メーカーTCLの子会社である華星光電(China Star Optoelectronics)などが最新のフォルダブル有機ELパネルを披露した。

図1 展示会場では中国メーカーが大規模ブースを構えた
図1 展示会場では中国メーカーが大規模ブースを構えた
展示会場に中央の入り口から入ると、目の前に中国のBOEがブースがあり(写真では手前)、その隣には中国の天馬のブースがあった(同右奥)。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]