PR

 日立オートモティブシステムズは、「レベル3」以上の自動運転システムで使う新型のミリ波レーダーとステレオカメラを、「人とくるまのテクノロジー展2019」(2019年5月22~24日、パシフィコ横浜)に出展した。

 ミリ波レーダーは、77GHz帯の周波数に対応する。日野自動車のトラックに採用されている現行品より水平検知角を広くしたのが特徴である。現行品の水平検知角は100度(±50度)だが、新型は150度(±75度)まで広げた。

 検知角を広げることで、車両前方の障害物を検知しやすくなる。検知距離は約100mで、現行品と同じである(図1)。

新型ミリ波レーダー
図1 新型ミリ波レーダー
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]

 ステレオカメラは、スズキの小型車「ソリオ」に採用されている第2世代の製品である。画像認識のプロセスに機械学習を適用して夜間の認識性能を高めた他、従来品に比べて50%強の小型軽量化を実現した(関連記事)。

 コストは従来のカメラと同等である。コストを抑えたことで、小型車や軽自動車にも搭載しやすい(図2)。

小型ステレオカメラ
図2 小型ステレオカメラ
(撮影:日経Automotive)
[画像のクリックで拡大表示]