(4):農業/無線ネットワーク編からの続き

 「COMPUTEX TAIPEI 2019レポート」は、台湾VIA Technologiesの話でしめたい。同社は「COMPUTEX 2019」にブースを構えていないが、スマートフォンベースの自動運転プラットフォームを開発し(ニュースリリース1)、そのデモンストレーションを台湾で実施した。筆者は、その実車デモンストレーションを体験しており、以下でそれを紹介する。

写真32●VIAのVP, Marketingを務めるRichard Brown氏。筆者撮影
写真32●VIAのVP, Marketingを務めるRichard Brown氏。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

 VIAは、かつてMPUのチップセットを開発し、次いでx86互換MPUをベースにした組み込みソリューションを提供してきた。すでにSoC開発から基本的には手を引いており、代わりに「Arm」ベースの市販SoCを利用したシステムソリューションを提供している。ちなみに使うArmベースSoCはハイエンドならば米Qualcommの「Snapdragon」、メインストリームはオランダNXP Semiconductorsの「i.MX」である。VIAのRichard Brown氏(VP, Marketing)は、「もしバリュー向けの低価格ソリューションが必要なら台湾MediaTekのSoCを使う」という(写真32)。ソリューションの中にはSOMなどのボード製品も含まれており、システム一式を同社から納入することも可能である。

 VIAは自動車向けビジネスに参入しており、例えば、2016年にはJapanTaxiと共同でスマートIoTモビリティシステムを発表している(ニュースリリース2)。今回、VIAはスマートフォンを使って自動運転を行うシステムについて発表した。スマートフォン上では同社が開発した「Adaptive Cruise Control」と「Lane Keeping Assist System」「CAN Bus Integration」というソフトウエア群が稼働しており、カメラからの映像を基に自動運転制御を行う。スマートフォンをUSB経由でODB IIポートに接続して、ステアリング/アクセル/ブレーキを制御する(写真33)。

写真33●台北の高速道路を走行中。トンネルに向かってゆるい左カーブになっているが、運転者は一切ステアリングホイールに手を触れずに、問題なく走行できた。もちろんトンネルの中も問題はなかった。筆者撮影
写真33●台北の高速道路を走行中。トンネルに向かってゆるい左カーブになっているが、運転者は一切ステアリングホイールに手を触れずに、問題なく走行できた。もちろんトンネルの中も問題はなかった。筆者撮影
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い