東芝デバイス&ストレージは、車載SoCで稼働するアプリケーションソフトウエアの実行性能を開発の早い段階で高精度に見積もる手法を、エレクトロニクス/半導体設計の国際イベントである「56th Design Automation Conference:DAC 2019」(6月2~6日に米国ラスベガスで開催)で発表した。同社の車載向け画像認識プロセッサー「Visconti」で稼働するADAS(Advanced Driver-Assistance Systems:先進運転支援システム)向けアプリケーションソフトウエアの開発効率化などを狙う。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌7誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料