PR

カメラと顔認証で入退室を監視

 NECフィールディングのブースでは、顔認証や静脈認証、指紋認証などの生体認証とICカード認証などを組み合わせた見守り監視・入退室管理ソリューションを展示していた。特定の部屋への入退室にセキュリティーを施すだけでなく、カメラと顔認証システムによって入居者の入退室を監視する。認知症患者などが施設外に出た場合に即座にアラートを送信するなど、徘徊(はいかい)防止に役立つ様子をデモンストレーションしていた。

生体認証とICカード認証などを組み合わせたNECフィールディングの見守り監視・入退室管理ソリューション
生体認証とICカード認証などを組み合わせたNECフィールディングの見守り監視・入退室管理ソリューション
(写真:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]
カメラで入居者の顔を認識してアラートを出すことで、徘徊防止などに役立てられる
[画像のクリックで拡大表示]
カメラで入居者の顔を認識してアラートを出すことで、徘徊防止などに役立てられる
[画像のクリックで拡大表示]
カメラで入居者の顔を認識してアラートを出すことで、徘徊防止などに役立てられる
(写真:安蔵 靖志)

 天井に設置したカメラによって指定したエリア内にいる人の数や動きを認識し、混雑状況を把握できるソリューションも展示した。天井に設置することで「人と人の重なりがなくなり、より細かく動線を把握できる」と担当者は話していた。

天井に設置したカメラで在室人数や動線などを把握できるソリューション
[画像のクリックで拡大表示]
天井に設置したカメラで在室人数や動線などを把握できるソリューション
[画像のクリックで拡大表示]
天井に設置したカメラで在室人数や動線などを把握できるソリューション
(写真:安蔵 靖志)