PR

 ソフトバンクやヤフーの子会社が出資するOpenStreet(オープンストリート)で代表取締役の横井晃氏は2019年7月19日、同社が取り組む自転車のシェアリングサービスについて講演した。シェア自転車の置き場である「ステーション」を中核とみなして、事業を拡大していく構想を示した。

OpenStreet代表取締役の横井晃氏。(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
OpenStreet代表取締役の横井晃氏。(撮影:日経 xTECH)

 東京都で開催した「SoftBank World 2019」に登壇した。横井氏は、「シェア自転車が普及するためのカギを握るのがステーション。飛行機には空港、電車には駅、タクシーにはタクシー乗り場があるように、全てのモビリティーにはステーションがいる。自治体などと協力して、街の中に自転車のマイクロステーションを整備していきたい」と語った。

 横井氏が自転車置き場を重視するのは、事業を拡大するサービス拠点となることに期待するからである。例えば広告配信事業。「ステーションのある商店街の店舗が、そのステーションの利用者にだけ広告を配信するといったことが考えられる」(横井氏)。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料