PR

 楽天は2019年7月31日から8月3日までパシフィコ横浜で開催中のカンファレンス「Rakuten Optimism 2019」において「5Gがもたらすネットワーク社会の変革」と題したパネルディスカッションを開催し、フィンランドのノキアや米シスコシステムズ、NECと共に楽天モバイルが構築する新しい携帯ネットワークについて議論した(写真1)。

写真1●Rakuten Optimism 2019で5Gに関するパネルディスカッションを開催
写真1●Rakuten Optimism 2019で5Gに関するパネルディスカッションを開催
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 午前中の基調講演には、楽天の三木谷浩史会長兼社長が登壇(写真2)。携帯電話事業(MNO)について、「2019年10月から徐々にサービスインしていく。日本の携帯料金は世界に比べて高い。インドの新しいLTEネットワークは毎月数百円だ」と低価格化を特徴に挙げた。

写真2●楽天の三木谷浩史会長兼社長
写真2●楽天の三木谷浩史会長兼社長
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯ネットワークには無線アクセスからコアネットワークまで、エンド・ツー・エンドの完全仮想化を導入する。「大手通信会社からは失敗すると言われたこともあるが、関心を持たれるようになってきた。iPhoneがデバイスのレボリューションなら、楽天はクルマではなく道路自体に革命を起こす。あと2カ月でできると証明してみせる」(三木谷氏)と宣言した(写真3)。

写真3●楽天モバイルが導入する完全仮想化ネットワーク
写真3●楽天モバイルが導入する完全仮想化ネットワーク
[画像のクリックで拡大表示]

 基調講演後のパネルディスカッションには、楽天モバイルCTO(最高技術責任者)のタレック・アミン氏が登壇(写真4)。完全仮想化ネットワークについて、「携帯ネットワークをクラウドに持ち込み、ディスラプション(破壊)を起こす。すべてがソフトウエアドリブンでアジリティー(敏しょう性)があり、クラウドを活用する」と紹介した。

写真4●楽天モバイルCTOのタレック・アミン氏
写真4●楽天モバイルCTOのタレック・アミン氏
[画像のクリックで拡大表示]