PR

 2019年5月にFacebook傘下のOculus VRが発売した「Oculus Quest」。データ処理用のパソコン(PC)に接続せずに動作するスタンドアローン型のVR(Virtual Reality)用ヘッドマウントディスプレー(HMD)で、6DoF(上下・前後・左右+3軸の回転方向)の動きを検知するセンサーを備えることで、VR空間内を歩き回れる機能を有する。それでいて価格は399米ドル(日本価格は4万9800円)からと安いことから、VR業界が待ち望んだ「VR普及の第一歩になる製品」と期待されている。

専門セッション「スタンドアローン型HMDはVRマーケットの起爆剤となるのか?」の様子
専門セッション「スタンドアローン型HMDはVRマーケットの起爆剤となるのか?」の様子
(写真:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]

 千葉・幕張メッセの東京ゲームショウ 2019会場で行われた「TGSフォーラム 2019」の専門セッション「スタンドアローン型HMDはVRマーケットの起爆剤となるのか?」はOculus Questの発売をきっかけに、VR市場がどう変わっていくかを議論するパネルディスカッションだ。識者が集い、スタンドアローンVRが、従来のPC VR向けのゲームと何が違いどのような体験をもたらすのか。また、今後どのように進化を遂げていくのかなどについて語られた。

 議論に参加したのは、Oculus VR コンテンツ エコシステム ディレクターのクリス・プルエット氏、あまた 代表取締役プロデューサー・ディレクターの高橋宏典氏、バンダイナムコアミューズメント プロダクトビジネスカンパニー クリエイティブフェローの小山順一朗氏、同じくバンダイナムコアミューズメント ニュークリエイティブディビジョン 事業企画部 コンテンツプロデュース課マネージャーの田宮幸春氏の四氏。モデレーターは日経 xTECHの東 将大記者が務めた。

「どっちも必要、でも6DoFは必須」(プルエット氏)

Oculus VR コンテンツ エコシステム ディレクターのクリス・プルエット氏
Oculus VR コンテンツ エコシステム ディレクターのクリス・プルエット氏
(写真:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]

 まず最初にOculus VRのクリス・プルエット氏からVRHMDに関するこれまでの流れと現状を解説するプレゼンが行われた。

 Oculus VRがVRHMDの開発者向けキットを発売したのは2013年。そこから開発に約3年かけて2016年に発売したPC接続タイプのVRHMDが「Oculus Rift」である。2019年3月には改良版である「Oculus Rift S」を発売している。一方のスタンドアローン型は2018年5月発売の「Oculus Go」などを経て、2019年5月に最新のスタンドアローン型「Oculus Quest」を発売した。

 このように同社は、高解像度で処理性能の高いPC接続型と、モバイル端末ベースで比較的低価格にVRを楽しめるスタンドアローン型をラインアップしている。2系統のVRHMDを製造・販売するのは「2つのタイプについてユーザーの志向が大きく異なるからです」とプルエット氏は説明する。

 「Oculus Riftは高性能なPCと接続する必要があるのでどうしてもハードコアなユーザー中心の商品となります。そこで2018年に発売したOculus Goは技術好きではなく誰でもアクセスしやすい、一般のユーザーが楽しめるVRHMDとして企画しました。PC用と一般用、どちらがどう売れるかデータを集めながら、広告の作戦を少しずつ変えてきましたが、Oculus Riftがゲーム用途で成功した一方で、Oculus Goはゲームより動画だったり、自分だけの映画館でNetflixを見たりという使い方が人気と分かりました」(ブルエット氏)

 ユーザーの行動も大きく異なるという。

 「PCユーザーは使う時間もお金も多いのですが数は限られます。Oculus RiftはハイスペックPCを持っていないと使えないという弱点があるからです。一方、スタンドアローン型はRiftに比べてユーザーが掛ける時間もお金も少ないけど、ニーズの種類は圧倒的に多いことが分かりました」(ブルエット氏)

プレゼンをするプルエット氏
プレゼンをするプルエット氏
(写真:加藤康)
[画像のクリックで拡大表示]

 Oculusのスタンドローン型としてはOculus Goが初代になるが、Oculus Goが3DoF(トラッキングによる3D空間内での自由度が直交座標系の回転方向のみ)なのに対し、Oculus QuestやPC用のOculus Riftシリーズは空間内を自由に動き回れる6DoF(上下・前後・左右+3軸の回転方向)の操作体系を実現している。

 「PC用とスタンドローン型、どちらが大事か。数年かけてデータを集めて気付いたのは両方必要だということです。ただ、6Dofの方がプレー感覚もいいし、(ユーザーが)かける時間もお金も多くなります。スタンドローン型も6Dofじゃなければいけないという結論になりました」(ブルエット氏)

 VRHMDを持っていない人を対象に「もしVRHMDを買ったら何をしたいのか?」を調査したところ、一番大きいのはやはりゲームだったという。また、PCゲーマーとゲーム機ゲーマーはほとんどが重なっており、ゲーム機のようなVRHMDを作ればほとんどがターゲットになるのではないか。Oculus Questの開発はこうした観点から始まったとブルエット氏は明かした。