全1336文字

『マーベルアイアンマン VR』を試遊。ジェット噴射で空を飛んだり、手のひらから光線を出して敵を攻撃したりする感覚が味わえて、マーベル好きにはたまらない体験だ。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のブースで『マーベルアイアンマン VR』を試遊した。ビジネスデイの試遊は事前予約したメディアに限られていたが、それでも1時間ほど並んで体験するという人気ぶりだ。2017年末に国内でPlayStation VR対応コンテンツ『Spider-Man: Homecoming - Virtual Reality Experience』が無料配信されて好評を博し、2018年9月に発売されたPlayStation 4向けソフトの『Marvel's spider-man(スパイダーマン)』も大ヒット。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)とゲーム、MCUとVRの相性の良さはすでに証明されていたが、今回のアイアンマンも期待を裏切らない好相性ぶりだった。

「私がアイアンマンだ」と言ってみたくなる試遊体験
「私がアイアンマンだ」と言ってみたくなる試遊体験
[画像のクリックで拡大表示]
試遊でもまさにこんな場所を飛ぶことができる。(c) 2019 MARVEL (c) 2019 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Camouflaj, LLC
試遊でもまさにこんな場所を飛ぶことができる。(c) 2019 MARVEL (c) 2019 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Camouflaj, LLC
[画像のクリックで拡大表示]

 試遊では、モーションコントローラーの「PlayStation Move」を2本使って、ジェット噴射(MCUでは「リパルサー・ジェット」と呼ぶ)で空を飛んだり、手のひらからビーム(同じく「リパルサー・レイ」)を放って敵に命中させたりする体験ができた。上下左右360度広がるゲーム世界で、両手でバランスを取りながら旋回や上昇・降下ができ、縦横無尽に飛び回る感覚にわくわくさせられる。スピード感もかなりのもの。もはや体に風を感じる。もちろん、そうした4DX上映のような機能はないので、目に映るものが後ろへ流れるスピードなど、映像表現の工夫によるものだと思うが、こたえられない爽快感だ。

海上を飛んでトニー・スターク邸へ帰還する。(c) 2019 MARVEL (c) 2019 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Camouflaj, LLC
海上を飛んでトニー・スターク邸へ帰還する。(c) 2019 MARVEL (c) 2019 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Camouflaj, LLC
[画像のクリックで拡大表示]
攻撃シーン。『マーベルアイアンマン VR』の発売日は未定だが、発売時期は2019年と発表されている。(c) 2019 MARVEL (c) 2019 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Camouflaj, LLC
攻撃シーン。『マーベルアイアンマン VR』の発売日は未定だが、発売時期は2019年と発表されている。(c) 2019 MARVEL (c) 2019 Sony Interactive Entertainment LLC. Developed by Camouflaj, LLC
[画像のクリックで拡大表示]