PR

 パナソニックは、「IFA2019」(2019年9月6日~11日、ドイツ・ベルリン)で、将来の美容家電やそのサービスを展示したコンセプトブース「Balance of Being」を披露した(図1)。巨大なブース内にはもちろん、これまでのようにテレビやオーディオ機器の展示コーナーもあるが、「Future Area」と名付けた同社が提案する近未来エリアで主役を張ったのは「今後、欧州市場で注力する分野の1つ」と位置付ける美容家電のコンセプトだった。ここ数年、近未来エリアでは生活全般についての将来コンセプトを提示していたが、今年は美容一本に絞った。

図1 パナソニックのコンセプトブース「Balance of Being」
図1 パナソニックのコンセプトブース「Balance of Being」
リビングや寝室、キッチンを模したブースで、それぞれの場所で使う美容家電のコンセプトを披露した。
[画像のクリックで拡大表示]

 パナソニックがBalance of Beingで見せたものは、3~5年後の実用化を見据える製品やサービスだ。家電のほとんどはモックアップだったが、「実際に技術的な裏付けが取れているものを展示した」(同社ブースの説明員)と言う。

 テーマは「察する美容」。カメラなどのセンサーからユーザーの肌や髪の毛の状態を常に把握、それを基に機器の設定を自動で行う。機器がユーザーの状態を察し、設定を変えるというわけだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料