PR

5Gモデム内蔵プロセッサーは2019年内

 Amon氏が基調講演を行う3時間ほど前、競合の中国ファーウェイ(華為技術) Consumer Business Group CEOのRichard Yu氏は、5Gモデム内蔵のプロセッサー「Kirin 990 5G」を発表し、自社の優位性を強くアピールした。

 ファーウェイと比べて市場投入は遅れる見込みだが、Amon氏は次期Snapdragon 7シリーズがKirin 990 5Gと同様、5Gモデムを内蔵したプロセッサーになるとした。7nm世代の技術を使う。詳細は明かさなかったが、次世代の「AI Engine」やゲーム用のグラフィックス処理機能を搭載する予定という。

5Gモデムを内蔵する次期Snapdragon 7シリーズの概要
5Gモデムを内蔵する次期Snapdragon 7シリーズの概要
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 2019年第4四半期内に量産を開始する予定で、韓国LG電子、米Motorola(モトローラ)、中国OPPO(オッポ)など12社が採用を予定している。

 なお、最も多くのユーザー数が見込まれる同6シリーズは、世界の携帯電話事業者の5Gサービスの開始状況に合わせ、2020年後半に商用化を予定している。