PR

サムスンも5Gモデム内蔵プロセッサー

 クアルコムの基調講演には、韓国Samsung Electronics(サムスン電子) Senior Vice President and Head of Technology TeamのJuneHee Lee氏が招かれた。サムスン電子は、折り畳みスマホ「Galaxy Fold 5G」にSnapdragon 855を採用するなど、クアルコムの大口ユーザーであるからだ。

 Lee氏は「Galaxy Fold 5Gは新しい体験を提供することに成功しているが、革新は1社だけでは成し遂げられない。協働が必要」と両社の蜜月ぶりをアピールした。

 一方で、サムスン電子はIFA開幕に先立つ9月4日に、同じく5Gモデムを内蔵した自社設計のプロセッサー「Exynos 980」を発表し、IFAの会場で展示している。AI(人工知能)関連の計算処理をするNPU(Neural network Processing Unit)の性能を、前モデルから最大2.7倍に高めたという。Exynos 980は2019年末までに量産化を開始する予定としている。

サムスン電子が開発した、5Gモデムを内蔵したプロセッサー「Exynos 980」
サムスン電子が開発した、5Gモデムを内蔵したプロセッサー「Exynos 980」
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]