PR

 横河電機は2019年10月9日に開幕した「日経 xTECH EXPO 2019」に出展。セゾン情報システムズのファイル連携ソフト「HULFT IoT」を搭載できるPLC(Programmable Logic Device)製品「e-RT3 Plus」の動作デモを披露している。同ソフトは、PLCからクラウドに送るデータの暗号化や加工、圧縮、送達保証について、プログラミング無しに実現できるのが特徴だ。

横河電機の展示ブースの様子
横河電機の展示ブースの様子
PLCのデータを加工、暗号化して送り出した後、PC上のBI(Business intelligence)ツールで見える化するデモを見せた。(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 HULFT IoTは、金融機関で採用が多いファイル連携ソフト「HULFT」シリーズを、製造業向けに開発して提供するものだ。HULFT IoTを使うには、現場の生産機器を制御するPLCとデータを分析するクラウド側のシステムの両方に、専用のソフトウエアをインストールしておく必要がある。前者は「HULFT IoT Agent」、後者は「HULFT IoT Manager」だ。

 加えて、初期設定には「HULFT IoT EdgeStreaming」を使う。同ソフトをインストールしたPCをイーサネット経由でPLCに接続。どの機器からデータを取得するかや、取得したデータのフィルター手法を設定できる。クラウドに送り出すデータの出力形式は、CSVやJSONなどを選べる。

 デモでは、モーターの振動や温度を計測するセンサーの出力をPLC経由で取得し、BIツールに表示する様子を見せた。