全881文字
PR

 シャープは「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)での展示に関連した発表会を開き、新会社として設立した「AIoTクラウド」の事業内容を発表した。他社の機器・サービスに向け連携できる環境や生活情報データを提供するなど、いわゆるIoT住宅・生活関連でプラットフォーマーとなることを目指す。

 同社では、2015年のCEATECで「人に寄り添うIoT」としてAI(人工知能)とIoTを語源とする「AIoT」を目指すことを宣言し、順次関連事業の拡大に取り組んできた。「AIoTプラットフォーム事業」「COCORO LIFEサービス事業」「AIoT機器事業」「COCORO OFFICEサービス事業」の4つの事業領域に注力しており、このうち「AIoTプラットフォーム事業」に取り組む新会社としてAIoTクラウドを2019年10月1日に設立した。

AIoTクラウド 代表取締役社長 赤羽良介氏
AIoTクラウド 代表取締役社長 赤羽良介氏
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
住宅・生活に関するIoTプラットフォームを他社製品や他社サービスに提供
住宅・生活に関するIoTプラットフォームを他社製品や他社サービスに提供
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 新会社の代表取締役社長 赤羽良介氏は「AIoTクラウドではスマートライフのプラットフォーマーを目指す」とした。同社では、事業モデルとしてAIoTプラットフォームの提供とそれに伴うオペレーションや事業の改革といったソリューション提供を想定しており、プラットフォームの利用料のほか、データの加工・販売や広告、送客などを収益源として考えているという。

家電からのデータを高次元化し、活用できる形で提供
家電からのデータを高次元化し、活用できる形で提供
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
これからのIoT機器として単なる機器のネットへの接続ではなく「サービスへの連携」に注力する
これからのIoT機器として単なる機器のネットへの接続ではなく「サービスへの連携」に注力する
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、シャープのAIoT対応機器は292機種、約65万台が接続されており接続率は約4割。見守り分野でKDDIとセコムをパートナー企業とすることを2019年9月24日に発表した。このほか、クックパッドなど3社が連携検討中で、30社と話をしているとする。2020年度には対応機器を400機種に拡大し接続率を7割とすると同時に、パートナー企業を50社に拡大する計画だ。

 今回のCEATECにおける同社のブースはホール2のSMART Xゾーン(関連記事)。自社製品・サービスや自社製品と他社サービス連携によるスマートライフの提案やAIoTプラットフォームに関する展示のほか、8K技術や90V型シースルーディスプレーなどの業務用大型ディスプレーなどを展示する。

90V型のシースルーディスプレー
90V型のシースルーディスプレー
はっきりとした「黒」が表示でき動画なども見やすく表示できる「ノーマリーブラックタイプ」と透過性の高い「ノーマリーホワイトタイプ」がある。ノーマリーホワイトタイプは120型まで試作し、今後受注生産を受け付ける予定(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]