全1018文字
PR

 アマダは、2019年10月15日に開幕する「CEATEC 2019」(18日まで、幕張メッセ)において、同社の板金加工機械の稼働データと連動する生産計画システム「vLot Manager」を訴求する。従来、同社はIoT(Internet of Things)を活用したサービスとして、機械の稼働状況把握や予知保全などに力を注いできたが、その範囲を拡大する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料