全963文字

 日立製作所などの日立グループは、「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)で、ARグラスと衣服型センサーを組み合わせて作業者の状態を認知し作業指示を出すシステムを展示している。デモでは食品工場を想定し、作業者に指示を出す様子や作業負荷が大きくなった段階で休憩を取るように指示する様子が披露された。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料