PR
全1669文字

 「24時間365日、常に街を走り続けるタクシーだからこそ、鮮度の高いデータを取得できる。このデータを活用して新しいサービスに生かす」(JapanTaxi)。タクシーのビッグデータ活用が新たな段階に入ったことが「CEATEC 2019」(2019年10月15~18日、幕張メッセ)で見て取れた。タクシーの配車アプリを手掛けるJapanTaxiやDeNAが、タクシーの新たなビッグデータ活用策を明らかにした。

JapanTaxi Data Platformの説明パネル
JapanTaxi Data Platformの説明パネル
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 JapanTaxiは、「JapanTaxi Data Platform」と命名し、タクシーから得られた副次的なデータを外部に広く提供していく方針を示した。タクシーはもともとは通信機能を備えていなかったが、最近は多くの車両にタブレット端末が置かれるなど通信機能を持つことが当たり前になってきた。通信機能を備えることで、タクシーの制御信号やドライブレコーダーから得た情報も通信で送れるようになり、ビッグデータ活用のための準備が整ったとする。

 ドライブレコーダーというと、事故や事件が起きたときの証拠映像を撮る端末としての印象が強いが、「実はタクシーが走った周辺環境の情報が取れるようになったことがとても大きい」(JapanTaxi)。同社の新型のドライブレコーダーにはSIMカードが載り、周辺情報を24時間取得できるようになったという。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い