全1219文字
PR

 2019年10月24日に開幕した「東京モーターショー2019」には、自動車メーカーや電装品メーカーなどのおなじみの出展社に加えて、新顔とも言える企業の参加も目立った。中でもひと際、注目を集めていた企業の一つがNTTドコモである。同社は今年、同社として初めて「東京モーターショー」に出展した。

 NTTドコモが今年、東京モーターショーに出展した最大の理由は、「自動運転やカーシェアリングの流れが今後加速していく中でドコモとしてできることが何かハッキリ見えてきた」(説明員)からである。例えば、最近、あおり運転などが問題になる中で、クルマにドライブレコーダーを付ける流れが強まりつつあり、ドライブレコーダーで記録したデータをどう送り、どう処理するかといった通信関連技術の重要性が高まってきている。こうした局面をはじめ、自動運転やカーシェアリングなどのさまざまな領域において、ドコモとして貢献できるアセット(資産)がたくさんあるという。同社としては、人工知能(AI)なども活用して、クルマに関するサービスをどんどん作っていく方針である。自動車にどんどん通信の技術が入っていく中で、「最も大きなゲームチェンジが起きているのがクルマである」(説明員)。

 自動運転の時代が始まれば、必然的にシェアリングが加速していく。シェアリングの際には通信の技術がカギを握る。シェアリングカーに乗る際には「あなた誰ですか?」という形で本人認証が必要になり、そこでは当然通信が関わる。課金をする際にはQRコード決済「d払い」やクレジットカード「dカード」など、「ドコモができることはたくさんある」(説明員)。

NTTドコモの出展ブース
NTTドコモの出展ブース
(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]