PR
全1827文字

 トヨタ自動車は「東京モーターショー2019」に、大型で高級仕様のミニバン「グランエース」を出展した。2019年内に正式発表の予定で、今回は価格や販売目標には触れていない。

大型で高級志向の「グランエース」
大型で高級志向の「グランエース」
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 最大の特徴は大きな車両寸法で、全長5300×全幅1970×全高1990mm、ホイールベース3210mmと、トヨタの売れ筋ミニバンである「アルファード」(全長4950×全幅1850×全高1935mm、ホイールベース3000mm)より、一回り大きい。室内長は3290mm、室内幅1735mm、室内高1290mmで、この広い空間にシートが2×3列、ゆったりと配置されている。

 2列目と3列目はオットマン付きの大型電動キャプテンシートで、この4席は機能や装備(空調、照明、バニティミラーなど)が同一。これもこの車の特徴で、対等な関係の4人のVIPが大きな荷物とともに空港からホテルまでゆったり移動できる「高級送迎車」が中心用途になるとしている(ほかに、4列シート8人乗りの設定もある)。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い