PR
全504文字

 アズビルは開発中の協働ロボットを「IIFES 2019」に参考出展した。6軸の垂直多関節型で、可搬質量は3kg。6軸およびハンド部の計7箇所にトルクセンサーを内蔵しているのが特徴。軟らかいワークの把持や部品のはめ込みなどの細かな作業ができるという。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い