PR
全9692文字

 2019年11月27日~29日の日程で開かれたオートメーションと計測の先端技術総合展「IIFES 2019」(東京ビッグサイト)の最終日11月29日の午後に、最後を締めくくるかのような大掛かりなテーマセッション「世界ものづくりフォーラム」が開催された。ドイツ、アメリカ、日本の政府代表者と各国を代表する企業が一堂に集い、「ものづくりのデジタル化」「製造業のイノベーション」をテーマに、ものづくりの最新の技術動向やユースケースを紹介する趣旨だ。3時間で7人のスピーカーが登場したセッションの内容をリポートする。

前編「『製造業デジタル化は必ず来る』、シーメンス、ロックウェルらが語る製造DXの威力」こちら

 IIFES 2019最終日の午後に開かれたセッション「世界ものづくりフォーラム」。このセッションではドイツ大使館、アメリカ大使館、日本の経済産業省から担当者が登壇。ものづくりのデジタル化、製造デジタルトランスフォーメーション(DX)について各国の方針や現状を概説した。ドイツ大使館は2012年に提唱した政策「INDUSTRIE4.0(インダストリー4.0)」とそれをベースに推し進めている「2030 VISION FOR INDUSTRIE4.0」の内容と優位性を中心に、アメリカ大使館は世界的潮流となっている「デジタルツイン」や「デジタルスレッド」の現状と解決すべき課題を解説した。

「世界ものづくりフォーラム」の登壇者と講演テーマ
「世界ものづくりフォーラム」の登壇者と講演テーマ
登壇者は3か国から7人、合計3時間に及ぶ大セッションだった(作成:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い