PR
全5756文字

 「高齢化が進んで労働人口が減ると、ロボットがなければ社会が成り立たない」。「2019国際ロボット展(iREX 2019)」(2019年12月18~21日、東京ビッグサイト、日本ロボット工業会・日刊工業新聞社主催)初日に、パネルディスカッション「iREXロボットフォーラム2019」が開催された。「働き方改革や人手不足にかかわるロボット活用」などをテーマに、大手ロボットメーカー各社と、ロボットユーザーであるメーカー各社がパネリストとして議論した。

 ロボットユーザーの代表としては、デンソー生産革新センターの河野恵介氏、卸売企業PALTACの三木田雅和氏、ロボット系システム・インテグレーター(SIヤー)三明機工の久保田和雄氏が登場した(図1)。さらに経済産業省製造産業局でロボット政策に取り組む石井孝裕氏もパネリストとして加わった。

図1 ユーザー側パネリスト
図1 ユーザー側パネリスト
左からデンソー生産革新センターの河野恵介氏、PALTACの三木田雅和氏、三明機工の久保田和雄氏、経済産業省製造産業局の石井孝裕氏。(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 ロボットメーカー側パネリスト
図2 ロボットメーカー側パネリスト
左からABBのサミ・アティヤ氏、川崎重工業の橋本康彦氏、KUKAのラウス・クーニヒ氏、ファナックの稲葉清典氏、不二越の国崎晃氏、安川電機の小川昌寛氏。(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 司会進行の三神万里子氏(ジャーナリスト)
図3 司会進行の三神万里子氏(ジャーナリスト)
(筆者撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 国産ロボットメーカー代表としては、川崎重工業の橋本康彦氏、ファナックの稲葉清典氏、不二越の国崎晃氏、安川電機の小川昌寛氏が参加。海外メーカーからはスイスABBのサミ・アティヤ氏とドイツKUKAのラウス・クーニヒ氏が登場した(図2)。司会進行はジャーナリストの三神万里子氏だった(図3)。

 このパネルディスカッションでは、まずユーザー各社がロボット活用に関する考えや取り組みを説明。それに対するロボットメーカーの問いを通して、ロボットをめぐる社会や業界の変化について考察した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い