PR
全2876文字

 「国際ロボット展」(12月18日〜21日、東京ビッグサイト)において、19日に「ロボット革命・産業IoT国際シンポジウム2019」が開かれた。その第1部「グローバルコミュニティにおける将来ビジョン」から、Toyota Research Institute(TRI) ロボティクス担当副社長のマックス・バジェラチャーリヤ(Max Bajracharya)氏が、「人の能力を支援し高めるロボティクスイノベーション」と題して述べた内容を紹介する。

Toyota Research Institute(TRI) ロボティクス担当副社長のマックス・バジェラチャーリヤ(Max Bajracharya)氏。(写真:稲垣宗彦)
Toyota Research Institute(TRI) ロボティクス担当副社長のマックス・バジェラチャーリヤ(Max Bajracharya)氏。(写真:稲垣宗彦)
[画像のクリックで拡大表示]

 Toyota Research Institute(TRI)でロボティクスを統括する同社副社長のマックス・バジェラチャーリヤ氏は、TRIが進めるロボティクスの研究・開発のポリシーや実際についてスピーチした。「トヨタグループが考える“ロボット”とは、人にとって代わるのではなく、あくまでも人の活動をサポートする存在だ」とバジェラチャーリヤ氏は言う。

 バジェラチャーリヤ氏は「自動車製造」ではなく、「高齢化」という話題から始めた。日本の全人口に占める65歳以上の高齢者の割合が2050年には38%に達するというデータを提示。65歳以上の高齢者と、これら高齢者を介護できる人の比率は、2050年には1:1になると推測されている。こうした深刻な高齢化は日本だけでなく、中国やアメリカなど、世界中で同様に見られる傾向だという。

 このように将来、顕在化するのが明らかな高齢者の介護問題をはじめとして、製造業という枠を超え、日常生活において人々を支援するのがTRIの考えるロボティクスだとバジェラチャーリヤ氏は宣言する。

トヨタが作るのは、人のタスクを支援するロボット

 バジェラチャーリヤ氏は「テクノロジー、AI、機械学習、ロボットが労働力を置き換えていくか?」と来場者に問いかけ、「産業の自動化という点では、従来の労働力の置き換えが起こっている。しかし、それほどシンプルな話ではない」と話す。

 例えば1990年代にはATMが急増し、人間の窓口担当者がATMへと置き換えられた。ATMはその後も増え続けているが、一方で銀行員数も増えている。預貯金の預け入れや引き出し、振り込みといったシンプルな業務をATMが担い、人的資源をより複雑で利益率の高い業務に集中させられるようになったのだ。

アメリカにおけるATMの市場規模と銀行員数の相関を示したグラフ。ATMが増えても銀行員数は増え続けている。(写真:稲垣宗彦)
アメリカにおけるATMの市場規模と銀行員数の相関を示したグラフ。ATMが増えても銀行員数は増え続けている。(写真:稲垣宗彦)
[画像のクリックで拡大表示]

 あくまで人間が主体となり、ロボットは人間のタスクを支援する——。これがトヨタの考えるロボティクスなのだ。製造業ではロボットというと「自動化」の道具と考えられている。トヨタは「ニンベンの付く“自働化”」を提唱している。「ニンベンの付く“自働化”」とは、人の手が関わることを前提とした自動化だ。実際、トヨタの生産拠点には、他の製造業と比べると自律的なロボットはあまり置いていないそうだ。

トヨタの製造哲学の柱となるのは「かんばん方式(Just In Time)」と、「ニンベンの付く“自働化”(Automation with a Human Touch」だ。(写真:稲垣宗彦)
トヨタの製造哲学の柱となるのは「かんばん方式(Just In Time)」と、「ニンベンの付く“自働化”(Automation with a Human Touch」だ。(写真:稲垣宗彦)
[画像のクリックで拡大表示]
バジェラチャーリヤ氏が動画で示した自動車工場での製造現場。機械は人のサポートに徹していた。(写真:稲垣宗彦)
バジェラチャーリヤ氏が動画で示した自動車工場での製造現場。機械は人のサポートに徹していた。(写真:稲垣宗彦)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い