全1578文字
PR

 デジタル技術の総合展示会「CES 2020」(2020年1月7日~10日、米国ラスベガス)の開幕に先がけて、日用消費財大手の米プロクター&ギャンブル(P&G)は2020年1月5日に記者会見を行い新製品や試作機を発表した。同社の出展は、2019年に続いて2度目。

発表会の様子
発表会の様子
(撮影:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 P&G Chief Brand OfficerのMark Pritchard氏は「我々はCESを『Consumer Experience Show』と捉えている」と語った。

P&G Chief Brand OfficerのMark Pritchard氏
P&G Chief Brand OfficerのMark Pritchard氏
(撮影:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 「我々は消費者に始まり、消費者で終わることだけを手掛けている。事業を展開するすべての家庭用パーソナルケアのカテゴリーで、消費者が何を望み、何を必要としているかを理解していると考えている」(Pritchard氏)。同社は今回、5つの日用品について“デジタル化”した事例を披露した。

住宅用芳香剤をインクジェット技術でデジタル化

 「AIRIA Smart Scent」は好みに合わせて香りをカスタマイズできるスマートフレグランス製品だ。「人々が自宅の香りをパーソナライズできるようにすることで、家庭での香りの体験を再発明した」とP&G Baby & Feminine Care CEOのFama Francisco氏は語る。

スマートフレグランス製品の「AIRIA Smart Scent」
スマートフレグランス製品の「AIRIA Smart Scent」
(撮影:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]
P&G Baby & Feminine Care CEOのFama Francisco氏
P&G Baby & Feminine Care CEOのFama Francisco氏
(撮影:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 AIRIA Smart Scnetはインクジェット技術を用いて香料(フレグランス剤)を20μmサイズの微小な水滴にすることで、「室内の気流に乗せて、家全体に華やかな香りの体験を提供する」(Francisco氏)という。

さまざまなフレグランスを用意している
さまざまなフレグランスを用意している
(撮影:安蔵 靖志)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン(スマホ)アプリで香りの強さを調節したり、スケジューリングしたりできる。Amazon Alexaにも対応し、声で香りをコントロールすることも可能とする。