全1157文字
PR

 「現在、モビリティーの世界で起きている進化は、クルマを新たなエンターテインメントスペースに洗練させていくと信じている」。ソニー代表執行役社長兼最高責任者(CEO)の吉田憲一郎氏は、「CES 2020」(2020年1月7~10日、米国ラスベガス)の開幕前日に開催したプレスカンファレンスでこう述べ、同社が開発を主導した電気自動車(EV)の試作車を披露した(関連記事)。大手自動車部品メーカーなどとの協業で足下を固めつつ、既存の自動車メーカーとは異なる道を追求しようとする姿勢が垣間見える。

CES 2020開幕前日のプレスカンファレンスに登壇したソニー代表執行役社長兼CEOの吉田憲一郎氏とVISION-Sの試作車(写真:日経 xTECH)
CES 2020開幕前日のプレスカンファレンスに登壇したソニー代表執行役社長兼CEOの吉田憲一郎氏とVISION-Sの試作車(写真:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

エンタメとソフトを追求

 吉田氏は、クルマを自社開発するプロジェクト「VISION-S」における主要テーマとして、安全性(Safety)、エンターテインメント(Entertainment)、適応性(Adaptability)の3つを挙げた。適応性はやや分かりにくいが、ユーザーに合わせたカスタマイゼーションや、OTA(Over the Air)によるソフトウエアアップデートなどを指している。

VISION-Sで重視する3つのテーマ「安全性(Safety)」「エンターテインメント(Entertainment)」「適応性(Adaptability)」(ソニーの資料を日経 xTECHが撮影)
VISION-Sで重視する3つのテーマ「安全性(Safety)」「エンターテインメント(Entertainment)」「適応性(Adaptability)」(ソニーの資料を日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]

 3つのテーマのうち、安全性については既存の自動車メーカーとの協業でも十分に開発を進められたかもしれない。実際、吉田氏は試作車を披露する直前、ソニーのCMOSセンサーがトヨタ自動車に採用されたことをアピールしていた。安全性は、既存の自動車メーカーにとっても大切なテーマだ。しかし、残りのエンターテインメントと適応性については自社で主導しないと思うように進まない、あるいは他社に負けるという危機意識があったのではないか。

 象徴的だったのは、試作車の走行性能に関する詳細な表現はほとんどなく、車内に設置する大型ディスプレーや音響システムの説明に時間が割かれていたことだ。既存の自動車メーカーが重視する「走る・曲がる・止まる」よりも、自動運転やエンターテインメントを訴求する姿は、米テスラ(Tesla)や中国の拝騰(バイトン)といった新興メーカーを彷彿とさせる(関連記事)。

インスツルメントパネル全体を覆うような大型ディスプレーはどうしてもバイトンを想起させる(ソニーの資料を日経 xTECHが撮影)
インスツルメントパネル全体を覆うような大型ディスプレーはどうしてもバイトンを想起させる(ソニーの資料を日経 xTECHが撮影)
[画像のクリックで拡大表示]