PR

 米デルテクノロジーズ(Dell Technologies)は2020年1月7日(現地時間)、米ラスベガスで開催中の「CES 2020」に合わせてプレスカンファレンスを開き、コンセプトモデルを含む最新製品を披露した。

 すでに同社はCES 2020に向けて「XPS 13」や「Latitude 9510」といった製品を発表しているが、プレスカンファレンスでは開発中のコンセプトモデルやサステナビリティーへの取り組みについても語られた。

2画面、折りたたみ、ハンドヘルド機などコンセプトモデルを披露

 CES 2020で複数のメーカーが2画面を用いたデバイスを披露している中で、デルテクノロジーズはマルチスクリーンのデバイス開発に10年以上取り組んできた経緯があるという。

 開発の背景について、デルテクノロジーズでEngineering Technologist担当Directorを務めるKevin Turchin氏は、「顧客はもっと大きな画面を、今と同じか、より小さなフォームファクターに搭載してほしいと期待している。我々の開発は、常にこのコンセプトに基づいている」と語った。

 マルチスクリーンのコンセプトPCとしては、2つの13.5型画面を搭載した「Concept Duet」と、1つの画面を2つに折りたためる「Concept Ori(オリ)」の2種類を披露した(写真1、2)。

写真1●2つの画面を搭載した「Concept Duet」(撮影:山口 健太、以下同じ)
写真1●2つの画面を搭載した「Concept Duet」(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●1つの画面を折りたためる「Concept Ori」
写真2●1つの画面を折りたためる「Concept Ori」
[画像のクリックで拡大表示]

 詳細なスペックや発売時期は語られなかったが、いずれも実機として動作しており、2つの画面に別々のアプリを表示したり、ペンで書き込んだりするデモを披露。複数の画面による生産性の向上をアピールした。

 コンセプトモデルのゲーミングPCについては、デルテクノロジーズ Alienware & Dell Gaming担当Vice PresidentのVivian Lien氏が登壇。ハンドヘルド型の「Concept UFO」を披露した(写真3)。

写真3●ハンドヘルド型のゲーミングPC「Concept UFO」
写真3●ハンドヘルド型のゲーミングPC「Concept UFO」
[画像のクリックで拡大表示]

 UFOはNintendo Switchのように、中央のタブレットPCと左右のコントローラーが分離する機構を備えており、分離した状態でのプレーにも対応するという(写真4、5)。このコンセプトについても、具体的なスペックや製品化の予定は語られなかった。

写真4●タブレットPCとコントローラーに分離
写真4●タブレットPCとコントローラーに分離
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●分離した状態でゲームをプレーする様子
写真5●分離した状態でゲームをプレーする様子
[画像のクリックで拡大表示]