全2296文字
PR

 「CES 2020」開幕前のプレスカンファレンスで鮮烈なデビューを飾ったのが、ソニーがパートナー企業と試作した電気自動車(EV)である(関連記事)。ソニーは自動車などのモビリティー分野の取り組み「VISION-S(ビジョン エス)」を開始。それを具現化した第1号の試作車をCES 2020で披露した。車載イメージセンサーなど、車載部品をソニーが手掛けていることは知られていたが、自動車まで作るというのはエレクトロニクス業界の関係者にとって予想外だっただけに、話題をさらった。発表翌日、CES 2020開催初日には、ソニーのクルマを一目見ようと、多くの来場者が詰めかけた。周囲は常に人だかりができており、注目の高さがうかがえた。

「VISION-S」の試作車
「VISION-S」の試作車
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
展示された「VISION-S」の試作車を見ようという来場者が大勢来ていた
展示された「VISION-S」の試作車を見ようという来場者が大勢来ていた
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 試作車には、ソニーのセンシング技術の他、AI(人工知能)技術や通信機能を搭載。クラウドなどを活用することで、自動車機能の継続的なアップデートが可能である。

 そんなプロジェクトはどのように始まり、ソニーは何を狙ってEVを試作したのか。そして今後どうするのか。開発を主導したソニーのAIロボティクスビジネスグループを率いる責任者である川西泉氏(同社 執行役員 AIロボティクスビジネス担当 AIロボティクスビジネスグループ部門長)が、報道機関に向けて語った。

報道機関の質問に答えるソニーの川西氏
報道機関の質問に答えるソニーの川西氏
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]