全646文字
PR

 ソニーは、さまざまな方向から飛んでくる光線の入射方向の情報まで取得(撮影)し、再生する「ライトフィールド」技術を利用した裸眼立体ディスプレーを開発した。従来の同種のディスプレーに比べて、高精細な映像表示が可能で、頭部を上下左右に動かしても滑らかに映像が変化し、自然な立体視が可能なことである。このため、ディスプレーに表示した立体映像を「上からのぞき込んで見ても、立体に見える」(説明員)。映像表示部は、ななめに配置されており、デモスペースでは、テーブルに置かれたディスプレーを椅子に座って見るようになっていた。

ライトフィールドディスプレーにダンスシーンを映した状態
ライトフィールドディスプレーにダンスシーンを映した状態
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
展示の様子
展示の様子
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回のディスプレーは、技術の単なる「ショーケース」ではなく、早期の商品化を目指したものである。例えば、VRやAR向けコンテンツへの適用や、エンターテインメントや製品デザインなどでの制作ツールとしての利用を想定する。