全3430文字
PR

地上移動もカバー

 2度目の出展になったベルに対して、初めてeVTOL機を見せたのが現代自動車である。同社は2019年11月に、空飛ぶクルマを開発するUAM部門を立ち上げたことを明らかにした。米航空宇宙局(NASA)の著名研究者であるJaiwon Shin氏を引き抜き、そのトップ(Head of Urban Air Mobility)に据えた。

 UAM部門立ち上げから迎えた初めての大型イベントがCES 2020で、eVTOL機「S-A1」と同機を利用したモビリティーサービスの構想を明らかにした。目的地のそばまでeVTOL機で飛行し、離着陸場に到着後は、現代自動車の自動運転車で目的地まで移動することを想定する。地上移動までカバーする、自動車メーカーらしい構想である。プレスカンファレンスでは、慢性的な渋滞に頭を悩ませているサンフランシスコを例に説明した(関連記事)。

スライドは現代自動車が描いたUAMのイメージ。eVTOL機の離着陸場には、自動運転車の駐車場がある。手前側にある弁当箱のような物体が、自動運転車のスケールモデル
スライドは現代自動車が描いたUAMのイメージ。eVTOL機の離着陸場には、自動運転車の駐車場がある。手前側にある弁当箱のような物体が、自動運転車のスケールモデル
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]
eVTOL機の離着陸場から行き来する自動運転車のモックアップ
eVTOL機の離着陸場から行き来する自動運転車のモックアップ
(撮影:日経 xTECH)
[画像のクリックで拡大表示]

 S-A1は、フル電動型の機体で、パイロット1人、乗客4人の5人乗り。巡航時の速度は最大で時速290kmとする。高度300~600mでの飛行を想定。航続距離は約100kmだとする。チルト型のメインのローター4つの他、垂直離着陸用のローターを複数備える。