全2438文字
PR

 「今後、モバイルの次に起こる大きなメガトレンドであるモビリティー(移動)にソニーは貢献したい。そのためには、相当勉強しないとだめだと思っています。今回『VISION-S(ビジョン エス)』として、安心・安全な自動運転の実現を支えるイメージングセンシング技術や、最先端のエレクトロニクス技術を集めたプロトタイプを披露したのは、その覚悟を見せるためです」――ソニーの吉田憲一郎社長はCES 2020の同社ブースで筆者にこう言った。

吉田社長(左)と筆者。ソニーブースにて。(写真:麻倉 怜士)
吉田社長(左)と筆者。ソニーブースにて。(写真:麻倉 怜士)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーはクルマメーカーになるわけでは決してない。今後のメガトレンドの「モビリティー」の中で、ソニーがどういうポジショニングを確保できるか、貢献できるかを探るのが、今回のCESのソニー車展示の目的なのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料