全1422文字
PR

 前田建設工業ICI総合センター長の三島徹也執行役員は2020年2月18日、東京都港区で開かれた「東京デジタルイノベーション2020」において、同社が19年に茨城県取手市で開設した研究施設「ICI総合センター」の狙いや取り組みについて講演した。

2020年2月18日、「東京デジタルイノベーション2020」で講演する前田建設工業の三島徹也ICI総合センター長
2020年2月18日、「東京デジタルイノベーション2020」で講演する前田建設工業の三島徹也ICI総合センター長
[画像のクリックで拡大表示]

 ICI総合センターは関東鉄道常総線の寺原駅に隣接する広大な敷地にあり、R&D(研究開発)センターの「ICIラボ」と、人材開発と交流の場「ICIキャンプ」という2つの施設から成る。同社が創立100周年に際して設け、日本初の総合イノベーションプラットフォームとして位置付ける。

 三島ICI総合センター長は、開設の背景を次のように説明した。「建設業を取り巻く環境は変わってきている。AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット化)、ロボティクスなどをどう活用していくのか。建設会社は従来のような請負業では限界が来ると考え、我が社は『脱請負』を目指している」

 さらにこう続ける。「社会課題を解決することが我々の使命。100年後まで持続可能な会社とするには、建物を建てるだけでなく既存施設の利活用なども含めた『総合インフラサービス企業』になる必要がある。そのためには異業種とのオープンイノベーションが必然となるので、ICI総合センターの施設を設けた」

 前田建設工業ではこれまで年間約1件のペースでベンチャーに出資する他、複数のベンチャー企業とのオープンイノベーションに取り組んできた。その規模感は、「世界中にある研究開発のシーズは数十万件程度。そこから私たちは3000件程度を抽出し、さらにその中から優れた約200件を選び出す。最終的に、年間50件程度の研究についてイノベーション実装を行い、社会実装を目指している」(三島ICI総合センター長)