全593文字
PR

 パナソニックは米国時間2021年1月11日、「CES 2021」で90m先の情報を表示できる車載ヘッド・アップ・ディスプレー(HUD)を発表した。目的地までの進路や周囲の物体などの情報をフロントガラスに直接投影する。AR(拡張現実)ディスプレーを開発する英Envisicsなどと提携し、米メディアによれば、同製品の搭載車両を23年に量産することを目指すという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

「初割」実施中!日経電子版とセットで2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料