全562文字
PR

 ホンダは2021年4月19日、「上海モーターショー2021」(一般公開:21年4月24~28日)で、SUV(多目的スポーツ車)タイプの新型電気自動車(EV)のプロトタイプ車「Honda SUV e:prototype」を世界初公開した。中国向けとしてはホンダブランド初となるEVで、同車をベースとする量産車を22年春に同国で発売する(図1)。

Honda SUV e:prototype
図1 新型EVのプロトタイプ車「Honda SUV e:prototype」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 ホンダは5年以内に、自社ブランドの新型EV10車種を、中国市場に投入する計画である。22年春に発売する量産EVは、その第1弾となる。EV専用プラットフォームを適用した車両とみられる。同社のコネクテッドサービス「Honda CONNECT」の第3世代版を搭載し、無線通信によってソフトウエアを更新する「OTA(Over The Air)」に対応する。

 今回の展示会では、広汽本田汽車(広汽ホンダ)が初めてホンダブランドで販売するプラグインハイブリッド車(PHEV)「BREEZE PHEV」も公開した。21年後半に発売する予定である。(図2)。

BREEZE PHEV
図2 中型SUV「BREEZE PHEV」
(出所:ホンダ)
[画像のクリックで拡大表示]

 同車はホンダの中型SUV「CR-V」をベースに開発した車両で、同社の2モーター式ハイブリッド機構「i-MMD」を基にしたシステムを搭載する。これまで広汽ホンダは中国で、BREEZEのガソリン車とハイブリッド車(HEV)を販売していた。