全1068文字
PR

 コンピュータエンターテインメント協会が主催するゲーム開発者会議「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2021」(CEDEC2021)が、8月24日、オンラインで開幕した。会期は8月26日までの3日間。

 初日の基調講演にはドワンゴ顧問の川上量生氏が登壇した。講演タイトルは「VR・AI時代の新しい現実(リアル)」。

基調講演に登壇した川上量生氏
基調講演に登壇した川上量生氏
(写真:日経ソフトウエアがオンライン講演をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]
講演のタイトル
講演のタイトル
(写真:日経ソフトウエアがオンライン講演をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 川上氏は講演で、「今の時代は現実とバーチャルの境界がわからなくなっている」と、実写映画とCGアニメの区別がつかなくなっている事例を示した。ほかにも、ゲームを舞台とした物語がはやるのは、ゲームのようなバーチャル世界の中での体験が、現実世界での体験と同じように人々の共通体験となっているからだという。現実もバーチャルも人間にとって情報にすぎない。ならば、「人間とは情報処理する主体であると考えるべき」と語った。

 さらに、情報処理する主体としての人間を「情報生命体」として再定義し、「ここからは私論、妄想の類なので鵜呑みにしないように」と前置きをした上で持論を展開。情報生命体の基本単位は「意識」で、「自分」は意識の外部にある一部の情報を何らかの形で加工したものと表現。「『意識』が複数の目的関数をそれぞれ最適化し続ける複数のニューラルネットワークで構成されているとすると、『自分』とは『目的関数』の集合にほかならない」とした。

「『自分』は意識の外部にある」と表現
「『自分』は意識の外部にある」と表現
(写真:日経ソフトウエアがオンライン講演をキャプチャー)
[画像のクリックで拡大表示]

 この講演における『目的関数』とは、「入力データに対応してニューラルネットワークを学習させる教師信号を作る関数」だと定義し、「赤い、だるい、危なそう、などのあらゆる概念が目的関数になり得る。その中には“自分っぽい”という目的関数もあるだろう」と話した。