PR

 日経クロステックは4月14日、探査機「はやぶさ2」プロジェクトでプロジェクトマネージャーを務める津田雄一氏を招き、ウェビナーを開催します。9つの世界初を成し遂げたはやぶさ2のチーム作りについて深掘りします。ぜひご視聴ください。

日経クロステック フカメル ウェビナー
「はやぶさ2、未踏に挑むチーム作り」

配信日時:2021年4月14日(水)午後4時〜午後5時
講師:はやぶさ2プロジェクトマネージャー 津田雄一氏
聞き手:日経BP 日経クロステック副編集長 島津翔
主催:日経クロステック
視聴方法:Zoom(4月14日当日の朝にURLを記載したメールをお送りします)
申し込み締め切り:2021年4月12日(月)

※視聴には、チームはやぶさ2の軌跡を深掘りした有料メールマガジンサービス「日経クロステック フカメル」の購読が必要です。お申し込みいただくと、ウェビナーに加えて計8本の「はやぶさ2」関連記事をメールマガジンとして配信します。4月6日時点で6本のメルマガを配信しており、全てのメルマガはWebブラウザーから記事としてご覧いただけます。

【ウェビナーの内容】

  • ・「失敗しない組織」と「挑戦できる組織」を両立する方法
  • ・チーム「はやぶさ2」における、ベテランと若手の起用方法
  • ・究極の選択、2回目のタッチダウン(着陸)に進むかどうかという決断の裏側
  • ・一体感を醸成するための「津田流チーム作り」の極意
津田雄一氏(つだ・ゆういち)
宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所教授、「はやぶさ2」プロジェクトマネージャー
(写真:日経クロステック)
(写真:日経クロステック)
[画像のクリックで拡大表示]
宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所(ISAS)教授、「はやぶさ2」プロジェクトマネージャー。1975年生まれ。東京大学工学部航空宇宙工学科卒、同大学院工学系研究科航空宇宙工学専攻博士課程修了。工学博士。米国ミシガン大学、コロラド大学ボルダー校客員研究員を歴任。2010年、小惑星探査機「はやぶさ2」プロジェクトエンジニア。15年、JAXA史上最年少でプロジェクトマネージャーに就任。専門は宇宙工学、宇宙航空力学、太陽系探査

注意事項

  • 視聴に当たってはメールアドレスの入力が求められますが、認証には使用しませんので、「0414@nikkeibp.co.jp」とご記入ください。お名前の欄には「苗字をカタカナ」でご記入ください。
  • 講師へのご質問はZoomの「Q&A」機能をご利用ください(「投票」や「チャット」は使用しません)。また全ての質問には回答できない可能性がある点、ご了承下さい。
  • 日経BPはZoom上では個人情報を収集しません。Q&Aやチャットでの個人情報の発信もお控えください。
  • 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。もし、発見した場合、事務局は削除をお願いすることがあります。
  • 音声、画像は受講者でご調整ください。サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  • 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
  • 万一、機材、回線、システム等のトラブルでセミナーを中断した場合は日経クロステックのFacebookページにてお知らせします。