PR

 新型コロナウイルス感染症対策として、人工知能(AI)を使った画像診断支援が注目を集めています。6月3日にエムスリーは、アリババ集団が開発した新型コロナウイルス感染症による肺炎をCT画像から検出するAIアルゴリズムを活用するソフトウエアの製造販売について、厚生労働省に承認申請をしました。

 早期に開発から検証、臨床試験を進め薬事承認を目指す背景と、診断支援のほか患者の予後予測といった画像解析AIの可能性を解説いただき、今後の展望を議論します。聞き手として日経クロステック/日経コンピュータの外薗祐理子記者が切り込みます。

※アーカイブ映像の公開予定はありません

第3回「新型コロナ診断支援AI、スピード承認へ加速~CT画像から感染者を見つけ出す日中連合の技術とは?」

日程:2020年6月17日(水)18:00~19:00
講師:杉原賢一 エムスリーAIラボ所長
聞き手:外薗祐理子 日経クロステック/日経コンピュータ

※参加無料、LIVE配信形式のオンラインセミナーとして開催します。当日、開始時間になりましたら、下記のURLをクリックしてお入りください。
※講師への質問はZoomのQ&A機能にて受け付けるほか、YouTube LIVEのチャットでの質問も参照することがあります。全ての質問には回答できない点、ご了承下さい。
※Zoomによる同時視聴数には限りがあります。Zoomで視聴できない場合、YouTube LIVEをお使いください。

視聴にあたって

  1. 日経BPはZoomやYouTube LIVE上では個人情報を収集しません。Q&Aやチャットでの個人情報の発信もお控えください。
  2. 受講者は、動画を録画・キャプチャーすること、SNSなどへのアップも禁止します。もし、発見した場合、事務局は削除をお願いすることがあります。
  3. 音声、画像は受講者でご調整ください。サービス利用にあたってのサポートは致しかねます。
  4. 配信中、異常と思われる接続を発見した場合、予告なく切断することがあります。
  5. 機材、回線、システムのトラブルでセミナーを中断した場合、日経クロステック ITのTwitterアカウント(@nikkeibpitpro)にてお知らせします
杉原賢一(すぎはら・けんいち)
エムスリーAIラボ所長
杉原賢一(すぎはら・けんいち) 2008年リクルート入社。医療領域をはじめとする新規事業開発、営業組織統括を担当し、数々の事業に携わる。2016年より医療系ベンチャーDr.JOYに取締役COOとして参画。2019年よりエムスリーにジョインし、AIラボにて医療AI開発や医療AIプラットフォーム事業をリード。
外薗祐理子(ほかぞの・ゆりこ)
日経クロステック/日経コンピュータ記者
外薗祐理子(ほかぞの・ゆりこ) 2000年日経BPに入社し、日経ビジネス編集部に配属。2006年リアルシンプル編集部、2008年日経ビジネスアソシエ編集部、2010年日経エコロジー編集部、2014年「課長塾」事業部、2015年日本経済新聞社グローバル事業局出向を経て、2019年4月から現職。