PR

 企業が事業を止めざるを得なくなるようなサイバー攻撃の被害が相次いでいます。原因はランサムウエア(身代金要求型ウイルス)。データを暗号化してその復旧に身代金を要求するマルウエアで、ここ2年ほどの間に被害が急増しています。

 日経クロステックでここ1年の間に読まれたセキュリティー分野の記事もランサムウエア関連が多く、特にオンライン通販などを装ってランサムウエアを仕込んだUSBメモリーを送付する攻撃事例が注目を集めました。攻撃側の手口が巧妙化するなかで、どんな対策を講じるべきなのでしょう。過去の被害や先進的なセキュリティー対策を講じる企業の事例から、ランサムウエアによる被害を防ぐヒントとなる記事をまとめました。

 また、組織のセキュリティーは各エンドユーザーのパソコン、メールからコツコツ強化する必要があります。メールに潜む脅威とその対策、Windows 11で採用された最新セキュリティー対策を理解できる記事も併せてご覧ください。

ランサムウエアの攻撃や被害、対策事例

ランサムウエアの感染経路、仕組み

パソコン、メールに潜む脅威とその対策