PR

 2021年9月に報じた建設会社関連の主な記事。『大林組施工の調整池で鉄筋4割不足、倒壊で無償補修へ』『建設ロボット開発でゼネコン16社連合、あの大手2社は不参加』『世界を変える重機の自律運転、第一歩は“目”と“腕”』といった記事が注目を集めた。

注意:本ページで紹介するコンテンツには有料会員の方のみが閲覧できる記事が含まれています。
今月の分類
特集、事故・トラブル、技術、建設DX、プロジェクト:設計・施工、プロジェクト:施工、経営動向、決算、官公庁、建設コンサルタント会社

長期特集:鹿島流・全自動工事

 多種かつ多数の重機を自律運転で動かして大型の土木構造物を建設する――。鹿島が生み出した自動化機械で工事現場を切り回す建設生産システム「A4CSEL(クワッドアクセル)」は、世界の建設現場を革新する可能性を秘める。類例のない技術の裏側に迫った。

事故・トラブル

技術

建設DX

プロジェクト:設計・施工

プロジェクト:施工

経営動向

決算:2020年度

官公庁

建設コンサルタント会社