PR

 2021年後半から急速にブレイクした「メタバース」。その言葉の定義は広く、様々な分野のプレーヤーがメタバース関連事業への参入を進めています。

 今回のメタバースブームの先駆けとなったのは、21年10月に「Facebook(フェイスブック)」から社名を変更した、米Meta Platforms(メタプラットフォームズ)といっても過言ではないでしょう。世界のIT最大手であるGAFAが動いたことで、ブームが本格化しました。

 さらに、3D(3次元)CGやゲームなどを扱うエンターテインメント業界や映像制作業界のトッププレーヤーらも、続々と動き出しました。3Dのバーチャル空間を主体とするメタバースと親和性が高い分野なだけに、メタバースがもたらす未来の姿をいち早く捉えていたのです。

 今回は日経クロステックに掲載した多数のメタバース関連記事の中から、主要プレーヤーのインタビュー記事をご紹介します。

インタビュー