PR

 ITインフラの技術の中でも進化が著しいものの代表格がクラウドとデータベースだ。どちらもアプリケーション設計に深く関係するため、インフラエンジニアのみならずアプリケーションエンジニアも知っておく必要があり、全てのITエンジニアにとって必修の技術といえる。

 クラウドは本格的な普及期に入っているにもかかわらず、新サービス投入の勢いは衰えていない。ユーザーが仮想マシンを意識する必要が無いサーバーレスのサービスを中心に、新サービスが次々と登場している。メインフレームですら、クラウドへの移行が現実的になっている。

 データベースもクラウドで進化を遂げている。データベースを自動でチューニングするクラウドサービスが登場しているほか、キーバリュー型やグラフ型、ドキュメント型といった多様なデータ形式を1つのデータベースサービスで取り扱えるようになっている。

 クラウドとデータベースのこうした進化によって、システムのアーキテクチャーや開発・運用保守のプロセス、各専門エンジニアの役割などが変化している。これに関連した記事を下記にまとめた。いずれもITのプロフェッショナルとして知っておくべき「新常識」ばかりだ。