PR

 DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む日本企業は新しいフェーズに進みつつある。それは全社展開だ。パイロット部門でのトライアルを経て、一気にDXの対象部門を全社レベルに拡大するケースが相次いでいる。

 その際には、社員にデジタル関連の知識や技術を習得させることが必要だ。いわゆる「リスキリング」である。

 リスキリングでは各部門でDXをけん引するコア人材の育成にとどまらず、全社員への教育が求められる。DXによって変革した業務を遂行するうえで、DXへの理解や現場改善が必要になるからだ。

 ただしリスキリングは容易ではない。各部門のコア人材をどう選ぶか、知識体系や育成カリキュラムをどう決めるか、どのようにしてモチベーションを向上させるか。リスキリングにはこうした課題があり、キヤノンや住友生命保険などの先行企業はそれぞれ工夫して乗り越えようとしている。

 事例を中心としたリスキリングの関連記事を以下にまとめた。リスキリングの推進者はもちろんのこと、リスキリングを受ける立場の人にとっても、その意義やメリット、進め方を考えるうえで役立つはずだ。