PR

 2022年3月からの急激な円安によって、日本ではAmazon Web Services(AWS)をはじめとするドル建て料金のクラウドサービスのコストが増大している。クラウドのコスト削減をどのように進めたらよいのか。そのヒントになる記事をまとめた。

 最も基本となるのは、使わない仮想マシンなどのリソースを削除したり、過剰なスペックを見直して適正化したりすることに加え、一般に「リザーブドインスタンス」などと呼ばれる長期利用予約割引を活用することだろう。長期利用予約割引では主に仮想マシンを対象として、1年や3年といった期間にわたる利用を約束する代わりに大幅な割引を受けられる。

 ほかにも、仮想マシンの処理を「AWS Lambda」などのイベント駆動型コード実行サービスにシフトする、クラウドサービス側で余剰になっている仮想マシンリソースをユーザー同士が入札して使う「スポットインスタンス」を活用する、など様々なポイントがある。円安によるコスト増を軽減するうえで、記事で取り上げたポイントは参考になるはずだ。