PR

 AI(人工知能)の開発ラッシュが止まらない。多くの企業で、画像・映像解析、言語解析、時系列予測などの多様なAIが実用フェーズに入っている。技術革新が進めば、AIが世界的なビジネスのゲームチェンジャーになる可能性がある。

 AIの技術革新で世界をリードする企業の1社が米Google(グーグル)だ。自然な質疑応答ができるAIである「LaMDA 2」、自然言語に関する様々なタスクを1つのモデルで処理できる汎用AIの「PaLM」、最大数百万種類のタスクに対応できる汎用AIである「Pathways」などの開発を進めている。

 米Meta(メタ)も2022年5月に、巨大言語モデル「Open Pretrained Transformer(OPT-175B)」を研究者向けに公開しており、AIの技術革新をけん引する1社に挙げられる。

 グーグルやメタなどによる最先端のAIに関する記事をまとめた。ゲームチェンジャーになり得るAIの技術革新をキャッチアップしてほしい。