PR

 新たな事業展開やシェアの確保において、日本の大手企業が続々と次の一手を打ち出している。例えば、世界シェア50%の死守に挑む豊田自動織機は、技術流出を防ぐための国内生産を決断。ダイキン工業は半導体や部品・材料不足の懸念を抱きつつも、強じんなサプライチェーンを武器に強気の生産計画を発表した。

 ここでは、日経クロステックが報じた、企業戦略や技術の裏側に迫る記事をピックアップ。特に、6月から7月中旬にかけて多くの読者から注目された記事を紹介する。

 なお、ここに掲載した有料会員向けの記事は8月5日から1週間、登録会員の方でも閲覧可能だ。