PR

 EV市場の拡大とともに、実用化の期待が高まる全固体電池。周辺の安全部品を大幅に減らせるため、結果として電池の低コスト化が期待されます。当初は2020年代前半にも電動車に搭載されるといわれたが、開発・実用化が遅れています。当面の間は、海外を中心にリチウムイオン電池の性能を進化させることの競争が続きそうです。

 リチウムイオン電池の進化や、全固体電池の取り組みについて、主要記事を以下にまとめました。