PR

 DX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組む先行企業がこぞって情報システムの内製化に舵(かじ)を切り始めた。これまで開発をITベンダー任せにしてきた方針を改め自ら開発を手掛けることで、デジタル技術を活用したビジネス変革のスピードを高め、市場の変化に即座に追随して競争力の源泉とする狙いだ。

 そのために各社は、自社内に新たなITエンジニア集団を組織するなどして、システム内製力の強化に取り組んでいる。ただし内製力強化とひと口に言っても、実践は簡単ではない。やみくもに進めても適切なシステム開発の体制やノウハウを構築できなかったり、無駄なコスト増大に頭を悩ませたりすることにもなりかねない。

 ここでは、システム内勢力の強化を進めるユーザー企業の事例をまとめた。各社の開発体制づくりや試行錯誤によって培ったノウハウを、ぜひ参考にしてほしい。