PR

 DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進する企業が、システム開発にローコード/ノーコードツールを活用する例が増えている。プログラミングの手間を大幅に減らし、外部ベンダー任せだったシステム開発を社内の情報システム部門や事業部門で自ら手掛けることで、ビジネスや業務を変革するシステムをスピーディーに開発できるようにするためだ。自社で開発したシステムなら、運用開始後の変更にも迅速に対応できる。

 ただし、はやりに乗ってローコード/ノーコードツールを導入しても、使いこなせなければ意味がない。ツールで効率化できるのは基本的に、プログラミングと単体テストの工程が中心だ。要件定義や業務設計のノウハウはこれまで通り不可欠である。開発担当者がどういうスキルを持っているか、開発の対象となる業務は何か、どんなツールを使えばよいかなど、ローコード/ノーコード開発で失敗しないために検討すべき項目はたくさんある。

 ここでは、ローコード/ノーコード開発に取り組む企業の事例や、失敗しないための勘所などを取り上げた記事をまとめた。ローコード/ノーコードの効果を最大限に引き出すために、ぜひ参考にしてほしい。