PR

 「社長がDXをやれと言われているが、何から手をつければいいかわからない」「DX推進部門の担当になったが、事業部門が協力的じゃない」――。

 デジタル技術を活用してビジネスを変革し、継続的な成長につなげることは、現在多くの企業にとって共通の経営課題となっている。しかし、DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進しようとしたものの、課題に直面してプロジェクトがうまく進まないというケースは少なくない。そしてその中には、失敗して当然といえるような原因を抱えた「ダメなDX」もある。

 ダメなDXの例はいくつも挙げられる。例えば経営者にビジネス変革のビジョンがないままに、現場に「DXをやれ」と丸投げするパターンはその1つ。現場は何をやっていいかわからず、AI(人工知能)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)といったテクノロジーの専門家に「何かできないか」と聞くばかり。これでは、当事者である企業のビジネス変革はおぼつかない。

 ここでは、現実によくあるダメなDXの問題点を指摘し、DXを成功に導くためにはどうすればよいのかをテーマにした記事をまとめた。自社での実践で失敗に陥らないためのヒントにしてほしい。