PR

 日本を代表する企業グループのソニーとパナソニック。両者はいずれも、グループの総力を挙げてデジタル変革に取り組んでいる。

 ソニーグループはエレクトロニクスやエンターテインメントなど多様な事業を抱える潜在力を引き出す手段として、DXを位置付けている。電気自動車(EV)をはじめとする同社の今後の成長に向けても、その礎となる事業基盤固めにDXは不可欠な取り組みだ。

 パナソニックグループはIT企業流の改革に挑む。2022年4月に移行した持ち株会社制度の下、主力の1つと位置付けるのがサプライチェーンのDX支援を手掛ける事業会社パナソニックコネクトだ。AI(人工知能)をはじめとするソフトウエアの力を取り入れて伝統的なものづくりの力を強化。モノ売りから継続的に収益を得るリカーリングへと収益構造を見直し、さらにはグループ全体の変革の先兵になろうとしている。

 ソニーグループ、パナソニックグループが取り組むデジタル変革を取り上げた記事をまとめた。両者はいまどう変わろうとしているのか、その実像に迫る。取り組みの共通項や違いにも注目してほしい。