PR

 稼働当初から長年にわたって保守・運用を続けてきた既存の情報システムが、「技術的負債」として企業に重くのしかかっている。運用コストや機能追加にかかるコストは増大し、先進のデジタル技術を使って事業変革を進めようにも、いまあるシステムでは社内のデータを活用することもままならない。つまりDX(デジタルトランスフォーメーション)の実践で求められる要件に、臨機応変に対応できないレガシーシステムが足かせとなっているのだ。

 デジタル変革をてこにした継続的な成長を実現していくには、レガシーシステムを見直し、技術的負債を解消していくことが求められる。外部連携のしやすいITアーキテクチャーへの刷新やシステムのクラウド移行、データの蓄積と活用のための基盤整備などはその典型だ。

 ここでは、DXを阻害する技術的負債を解消するための先進企業の取り組みや、ユーザー企業の基幹システム刷新事例、システムのクラウド移行の最新動向など、レガシーシステムの見直しをテーマにした記事をまとめた。DXで成果を上げていくために避けては通れない課題解決のヒントにしてほしい。